調停離婚‥当事者間だけでは離婚や離婚条件について合意出来ないなら

調停離婚は裁判官と調停員という経験豊かな第三者(男性女性各一名)がお二人のお話をお聞きします。

 

家庭裁判所での調停では申立人、相手方がそれぞれ別に調停員に現状の結婚生活や離婚条件についての考えを話します。

 

離婚条件等にに争いがある二人だけの話合いでは感情的になり、冷静な話合いが出来ないことも多いですが、人生経験の豊富な調停員を交えることで冷静な対処が期待出来ます。

 

調停前置主義とは

「納得出来ない!裁判で決着をつけましょう!」

他のトラブルでは、こんな風にいきなり裁判で判決を求めることが出来ますが、離婚については必ず先に調停を申し立てなければなりません。

 

このページは只今、編集です。暫くお時間を頂きます。