· 

ネグレストの増加

「ネグレクト」最多に 18年度の児童虐待死73人 厚労省専門委

配信

288
  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
時事通信

 厚生労働省の専門家委員会は30日、2018年度に虐待で死亡した子どもが73人で、前年度よりも8人増えたとの検証結果を公表した。 心中を除くと54人。虐待の内容は、食べ物を与えないなどの「ネグレクト(育児放棄)」が25人で、「身体的虐待」の23人を初めて上回った。

専門委による虐待死の検証は、03年分から始まり16回目。18年度に対象となった事例には、19年1月に千葉県野田市で小学4年の女児=当時(10)=が死亡した事件も含まれる。

子どもの年齢別では、0歳が54人のうち22人で40.7%を占めた。1カ月未満の乳児も7人いた。ネグレクトによる死亡事例では、親が安全でない環境に子どもだけを置いていたことが原因となったものが目立ったという。

加害の動機は、「保護を怠ったことによる死亡」が8人で最も多く、次いで「しつけのつもり」が3人だった。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆こんにちわ 行政書士の井口です。昨日、離婚・親権者・ネグレスト(育児放棄)に関する記事をメルマガに書きました。その続編みたいになりますが、今日、ヤフーニュースで上の記事があります。厚労省の調査ですが、氷山の一角のような気がします。核家族化・個人主義の普及で、「お隣にどんな人が住んでいるのかも知らない」「他の家庭への干渉は避ける」 こんな時代背景も影響していると思います。何度も書きますが、夫婦の不仲・社会への鬱積不満・雇用不安と失業 こんなストレスを幼児にぶつけるのだけは止めて頂きたいです。

夫婦間トラブルから離婚、婚約破棄等の男女間トラブル・こんな悩みを抱える方達に安価な費用であなたに寄り添う懇切なサポートをお約束します。

これまで500件以上のご相談、ご依頼を頂きました。これらの実績を基に「あなたの新たな明るいライフステージ」へのお手伝いをさせて頂きます。

 

「離婚後・婚約解消後、新たな出会いにチャレンジ!」

家人の営む結婚相談所【良縁工房 華結び】では、離婚経験者や婚約解消後の再婚活を支援しています。特に子連れ離婚された女性・男性には他の相談所にはない優遇対応で好評を頂いております。是非、一度ホームページをご覧ください。