· 

プラットニックな愛情関係

裁判所で離婚裁判を起こすには決められた離婚理由が必要です。

 

配偶者の不貞行為もその一つなのはご存じだと思います。

 

では、肉体関係は無い【プラットニックな愛情関係】がある場合はどうでしょうか?

 

これについては、もう一つの離婚裁判理由「婚姻を継続しがたい重大な理由」に当てはまるかどうかなのです。

 

例えは、パートナーが浮気相手を長期間、深く愛していても性的関係がなければ「不貞行為」とはみなされません。

 

ですが、浮気相手を愛することで、長期間、配偶者や家庭をないがしろにし、【婚姻関係を破綻させるプラットニックな浮気】なら裁判で争うことになります。

 

婚姻関係は夫婦相互の扶助義務が大切です。いくらプラットニックな関係といってもまず、大切にすべきは配偶者との婚姻生活ということですね

 

こんな話題について、無料メルマガ【後悔しない離婚】本日配信の最新号で取り上げています。

宜しければ読者登録をお願い致します。

夫婦間トラブルから離婚、婚約破棄等の男女間トラブル・こんな悩みを抱える方達に安価な費用であなたに寄り添う懇切なサポートをお約束します。

 

これまで500件以上のご相談、ご依頼を頂きました。これらの実績を基に「明日から始まるあなたの明るいライフステージ」へのお手伝いをさせて頂きます。

 

【新たな生活ステージへ踏み出すサポートをして欲しい!】

【離婚後・婚約解消後の生活資金に、高額な費用はかけられない!】

 

こんなご希望がありましたら是非、お知らせください。全力でサポートさせて頂きます。